家族信託に特化した専門家グループが、 財産管理・承継の「安心」を提供します。 アクセス 新橋駅徒歩5分 内幸町駅徒歩1分
信託に関する実績
相談件数
通算 482
受任件数
通算 237

明瞭な料金プラン

初回相談料60分無料

家族信託とはWhat is a family trust

家族信託の仕組みの図
自分の財産をご家族などの信頼できる第三者に託し、将来にわたって財産の管理をしてもらう制度です。
家族信託をすることで、万が一自分自身で財産の管理ができなくなってしまった場合でも、
財産が棄損することを防ぐことができます。
認知症対策や、複雑な管理が必要な財産を相続前承継(管理権限のみ)として多くの方に利用されています。

こんな心配事ありませんか?Are you worried about this?

  • 認知症になったら銀行預金が凍結される?
  • 認知症になったら不動産の売却ができない?
  • 知り合いが振込め詐欺にあったけど、
    他人ごとではない

このような思いで躊躇されている方も・・

  • 親に財産の話をするのは 気が引ける…
  • 放置しても問題ないかも?変に波風を立てるのも…
  • 複雑な説明を自分から家族に する自信がない…
  • 既に親は認知症なので、もう打つ手はないだろう…
判断能力がなくなってしまったら、
すべてできなくなる可能性があります!
Consultation
私たちと一緒に解決しましょう!
まずはご相談を

まずは無料相談で、問題解決に必要な
正しい知識を入手してください!

漠然とした不安 リスクの明確化 対応方法の明確化 安心を私たちがお伝えします!

トリニティグループとはAbout Trinity Group

私たちトリニティグループは、司法書士事務所を中心とした家族信託の
ワンストップサービスを提供している企業です。

トリニティグループが選ばれる理由

私たちは、専門家にありがちな、自分の専門領域の範囲内でのサービス提供に
終始するサービスを徹底的に排除し、お客様の真の問題解決を目指します。
これを実現するために、私たちは以下のような特徴を備えています。

「+」をクリック(タップ)すると詳細が開きます。

特徴01実績多数
私たちは、これまでに多数の家族信託を活用した資産承継・事業承継のコンサルティングサービスをご提供させていただいており、その数は累計200件を超えます。この数字は、家族信託のサービスを提供している事業者の中でもトップクラスです。
たくさんのサービスをご提供させていただくことを通して蓄積したノウハウで、業界トップクラスのサービスクオリティをご提供させていただいております。
特徴02安心の価格設定
トリニティグループの家族信託は最低報酬20万円~の安心価格です。正式なご依頼をいただく前に、必ず全体の費用をご提示致しますので、費用の心配をしながらサポートを受けるといった状況に陥ることはありません。
特徴03高度な専門性
私たちは、家族信託の専門家であると同時に、相続のプロであり、事業承継・企業法務のプロでもあります。各分野の専門チームがあり、必要に応じて連携しながら最適なコンサルティングサービスをご提供いたします。
特徴04各専門家がチームで対応
私たちの組織は、司法書士、行政書士、弁護士、家族信託コンサルタント、不動産コンサルタントが在籍する複合組織です。さらに、税務については資産税分野を得意とする税理士と連携し、法律、税金、不動産等、お客様にとって検討が必要な領域を全面的に網羅したご提案をさせていただきます。
特徴05スピード対応
組織力をフル活用して時間的猶予がないご相談にも徹底対応。家族信託のご相談においては、健康状態に不安がある方や、すでに芳しくない健康状態の方からのご相談を承ることも多いです。このような場合、対応のスピードが非常に重要になります。私たちは、1件1件のご相談について専任の担当者だけでなく、組織全体でバックアップをしていきますので、圧倒的なスピード対応が可能です。

専門家紹介Expert introduction

司法書士/行政書士(東京事務所代表)

梶原 隆央

かじわら たかひさ
司法書士

浅沼 礼奈

あさぬま れいな
宅地建物取引士/FP2級/相続診断士/民事信託コンサルタント

田中 吉郎

たなか よしろう
司法書士

富岡 淳

とみおか じゅん
司法書士

水上 和巳

みずがみ かずみ

代表からのメッセージMessage

最後に、トリニティグループからのメッセージとして代表の磨から、
お伝えさせてください。

明瞭な料金プラン

初回相談料60分無料

費用シミュレーションCost simulation

認知症対策として信託をした場合
信託財産 金額
現預金 2000万円
不動産
(固定資産税評価額)
土地:3000万円
建物:500万円
不動産の所在ヶ所数
(市区町村単位)
1ヶ所
その他
総コスト 97万円

あなたの場合、どのくらいの費用が必要と
なるかシミュレーションできます。

お手続きの流れProcedure flow

初回面談のご予約

お問い合わせフォーム、電話、メール等にて初回面談のお申込みをいただきましたら、まずお電話にて簡単にご状況をお伺いさせていただき、ご面談の日程を決めさせていただきます。

ご面会場所はご希望にあわせて弊社事務所もしくはお客様のご自宅へご訪問させていただきます。

初回面談

専門家がお客様のお話をじっくりお伺いし、解決策やお見積額をご提出いたします。(面談後、ご依頼されない場合でも相談料等の料金が一切発生しません)

正式にご依頼

ご依頼いただきましたら、依頼契約書にご署名ご捺印をお願いします。

書類の収集

手続きに必要な書類の収集をおこないます。
(お客様にてご用意いただく書類がございますのでご案内します)

信託契約内容のご確認

ご面談にて、信託契約内容の
ご確認・ご相談をさせていただきます。

信託契約書の作成

信託契約書にご署名ご捺印をいただき信託契約締結となります。

信託財産を信託する

不動産は信託登記手続き、預金等は信託口座の作成をして完了となります。

無料相談をする前に、今一度自分自身で落ち着いて考えたい方へ。こちらをご活用ください。

まずはご自身で落ち着いて検討してみたいという方もいらっしゃると思い、ご検討の助けとなるツールをご準備させていただきました。

上記から検討シートをダウンロードいただき、
頭の整理、今後の対応のご検討にご活用ください。

作成した検討シートは、無料相談をご利用いただく際の資料としてもそのままご利用いただけます。

検討のヒント

「+」をクリック(タップ)すると詳細が開きます。

TIPS01そもそも家族信託って?
家族信託とは、家族に自分の財産を託すことで、認知症による財産凍結などを予防する手続きです。
不動産を保有している方や、オーナー企業の社長さんなどが活用するケースが多いですが、ご両親が居住するご自宅を将来売却するために、家族信託を活用するようなケースもあります。
TIPS02認知症のリスクって具体的に何?
認知症に罹患して意思能力を喪失してしまうと、不動産の売却や生前贈与といった法律行為ができなくなってしまいます。また、銀行の預金を一度に大きな金額引き出すことができなくなります。
TIPS03後見制度って何が問題なの?
認知症によって意思能力を喪失してしまうと、銀行は後見人の選任をしない限り預金の引き出しに応じません、という対応をしてくる場合があります。しかし、後見制度を使うと、本人の全財産を裁判所に報告しなければならず、また後見人として弁護士や司法書士といった第三者が選任され、その方に本人の預金通帳などを渡さなければならなくなります。親族であったとしても、本人の財産に触れることが一切できなくなってしまいます。
TIPS04家族信託の活用事例が知りたい
家族信託には様々な活用事例があります。こちらのページで事例について詳しく解説しています。

よくある質問Q&A

「+」をクリック(タップ)すると詳細が開きます。

日中は仕事があるので相談できないのですが、大丈夫でしょうか?
大丈夫です。18時以降でも夜間のご相談を承っています。
無料相談をしたら何かしらの依頼をしないといけないですよね?
そんなことはありません。無料相談のみのご利用も可能です。
無理にサービスをお勧めすることはありませんし、無料相談の結果、対策の道筋が見え、ひとまず漠然とした不安を解消していただけたなら、それだけで私たちも一つの使命を全うしたと考えています。
土日に相談をしたいのですが、可能でしょうか?
可能です。あらかじめ日程の調整をさせていただければ、土日でもご対応いたします。
親子で話を聞きたいのですが、両親の自宅まで訪問してもらう
ことはできますか?
ご対応可能です。まずはお電話にて簡単なヒアリングをさせていただき、準備を整えたうえでご訪問させていただきます。

CONTACTメールでのご質問・お問合せも
歓迎いたします。

お客様の声customer's voice

40代 女性 東京

30代 女性 長野

信託専用口座の開設が意外と大変でした。 ※個人が特定されないよう一部修正しています。

50代 男性 

今後ともよろしくお願い致します。 ※個人が特定されないよう一部修正しています。

40代 神奈川 女性

この度は丁寧な対応をしていただきありがとうございます。 手続きが完了し、心配なく過ごせると家族一同 ...

書籍・メディア情報Media

月間プロパートナー10月号 『士業事務所のデジタルマーケティング』 に弊社代表磨のインタビューが掲載されました

日本経済新聞(2020年9月9日夕刊)に家族信託のインタビューが掲載されました

家族信託のインタビューが 「YAHOO!ニュース」 に取り上げられました

雑誌「週刊女性」に磨のインタビュー記事が掲載されました。

【書籍】民法相続法の改正が相続実務に及ぼす影響と対策

【書籍】もしもに備える財産管理 家族信託のツボとコツ

セミナー・相談会情報Seminar / consultation